上田和弘

イルミネーション

2019年6月5日〜6月25日

レセプション:2019年6月6日木曜日午後6時から8時

問い合わせる

日本の写真家 上田和弘さん 仕事は都会の喧騒の中で発見された親密な瞬間を特徴としています。主題を見つけるために、上田は故郷の街、東京、そして海外の他の街を歩くのを楽しんでいます。彼は時々、一度に7〜8時間も歩き、インスピレーションが彼を襲うのを待ち、シーンが感情的な反応を引き起こすのを待ちます。上田氏は、画像に独特の柔らかくノスタルジックな品質を与えるために、焦点が合っていないぼかしを生成する写真技法である「ボケ」効果を利用しています。彼はまた、大きな50 mmレンズを使用して、夢のような効果を生み出す浅い被写界深度を画像に作成しています。

に 「夜の霧の入札」 ソフトフォーカスで街並みが見えます。明るい霧の雲がフレームを包み込み、街の建物や住民を包み込んでいるように見えます。上田は、建物や街路を斜めに見せ、壊れやすく人間味のあるバランスの取れた視点を取り入れています。上田の作曲の優しさは、彼の主題との深い個人的なつながりを伝えています。上田は、この街を、明白な脆弱性と憧れを持った生き物として描いています。

過去の展示会を見る

上田和弘

イルミネーション

2019年6月5日〜6月25日

レセプション:2019年6月6日木曜日午後6時から8時

05_Tender of the Night Fog
05_夜の霧の入札

アーカイブピグメントプリント
12 "x 18"

問い合わせる カタログを見る

日本の写真家 上田和弘さん 仕事は都会の喧騒の中で発見された親密な瞬間を特徴としています。主題を見つけるために、上田は故郷の街、東京、そして海外の他の街を歩くのを楽しんでいます。彼は時々、一度に7〜8時間も歩き、インスピレーションが彼を襲うのを待ち、シーンが感情的な反応を引き起こすのを待ちます。上田氏は、画像に独特の柔らかくノスタルジックな品質を与えるために、焦点が合っていないぼかしを生成する写真技法である「ボケ」効果を利用しています。彼はまた、大きな50 mmレンズを使用して、夢のような効果を生み出す浅い被写界深度を画像に作成しています。

に 「夜の霧の入札」 ソフトフォーカスで街並みが見えます。明るい霧の雲がフレームを包み込み、街の建物や住民を包み込んでいるように見えます。上田は、建物や街路を斜めに見せ、壊れやすく人間味のあるバランスの取れた視点を取り入れています。上田の作曲の優しさは、彼の主題との深い個人的なつながりを伝えています。上田は、この街を、明白な脆弱性と憧れを持った生き物として描いています。

05_Tender of the Night Fog
05_夜の霧の入札
06_Out of the Stone Wall
06_石垣の外
09_Invitation
09_招待状
12_Through the Bottle
12_ボトルを通して
10_Gleam
10_Gleam
問い合わせる カタログを見る

上田和弘の過去の展覧会を見る

イルミネーション| 2019年6月5日〜6月25日

思考の無限
50" x 50" - キャンバスにアクリル