マルギット・エンガード・ポールセン

春の目覚め

2018年4月28日〜5月18日

レセプション:2018年5月3日木曜日午後6時から8時

問い合わせる

デンマークのファノで生まれ、トスカーナのルッカで働いています。 マルギット・エンガード・ポールセン 彼女の田園風景の中で海岸と田園地帯を組み合わせています。ポールセンは、アクリル絵の具の幅広くエネルギッシュなストロークを使用して土地の質感を表現し、風景の雰囲気や精神を捉えています。光の微妙な変化とその色への影響がポールセンの作品の鍵となっており、風や空気の繊細さを表現しているようです。最終的に、artist は言葉では伝えられない風景の感情的な側面を表現しようと努めています。

彼女の絵の中で マーシュシープ、ファノエ, ポールセンは、海岸に点在する抽象的なストロークとして白い羊を描き、湿った土地の深い青緑色が曇ったラベンダー色の空と融合します。その間、 イーストサイドの羊ファノエ より明るい構成です。周囲が暗くなる中、強い日差しが芝生に当たり、絵画のようなライムグリーンで景色を照らします。ついに、 堤防の羊 日差しと影のさまざまな状態で描かれた、草を食む羊の調和のとれた構図です。暖かさを放射するこの絵は、田舎の穏やかで静かな力強さを目に見えるようにします。

過去の展示会を見る

マルギット・エンガード・ポールセン

春の目覚め

2018年4月28日〜5月18日

レセプション:2018年5月3日木曜日午後6時から8時

Marsh Sheep, Fanoe
マーシュシープ、ファノエ

キャンバスにアクリル
39.5インチ×49.5インチ

問い合わせる カタログを見る

デンマークのファノで生まれ、トスカーナのルッカで働いています。 マルギット・エンガード・ポールセン 彼女の田園風景の中で海岸と田園地帯を組み合わせています。ポールセンは、アクリル絵の具の幅広くエネルギッシュなストロークを使用して土地の質感を表現し、風景の雰囲気や精神を捉えています。光の微妙な変化とその色への影響がポールセンの作品の鍵となっており、風や空気の繊細さを表現しているようです。最終的に、artist は言葉では伝えられない風景の感情的な側面を表現しようと努めています。

彼女の絵の中で マーシュシープ、ファノエ, ポールセンは、海岸に点在する抽象的なストロークとして白い羊を描き、湿った土地の深い青緑色が曇ったラベンダー色の空と融合します。その間、 イーストサイドの羊ファノエ より明るい構成です。周囲が暗くなる中、強い日差しが芝生に当たり、絵画のようなライムグリーンで景色を照らします。ついに、 堤防の羊 日差しと影のさまざまな状態で描かれた、草を食む羊の調和のとれた構図です。暖かさを放射するこの絵は、田舎の穏やかで静かな力強さを目に見えるようにします。

Marsh Sheep, Fanoe
マーシュシープ、ファノエ
Sheep On Northern Dike, Fanoe
北堤防の羊、ファノエ
Sheep On The East Side, Fanoe
東側の羊、ファノエ
問い合わせる カタログを見る

マルギット・エンガード・ポールセンの過去の展覧会を見る

春の目覚め | 2018年4月28日~5月18日

思考の無限
50" x 50" - キャンバスにアクリル