リサ・マーシュ

チェルシー国際美術コンクール展

2019年8月10日〜8月20日

レセプション: 2019 年 8 月 15 日、午後 6:00 - 午後 8:00

問い合わせる

リサ・マーシュ 第34回チェルシー国際ファインアートコンペティションでの彼女の業績を通じて、彼女が選んだアートワークのプレゼンテーションでアゴラギャラリーのデジタルディスプレイの場所を獲得しました。彼女の作品は、抽象化が表現と競合する中間点を見つけるために、比喩的なイメージ作成の領域を破っています。その結果、マーシュの作品は現実的な色/形よりも線とジェスチャーマークを好みます。 

アーティストは、人間の経験を定義する課題と闘争に共感し、「不平等、大量移住、政情不安の闘争は、私の作品のコンテンツを刺激する多くの報道価値のある出来事の1つです」と述べています。 

マーシュの作品は、2019年8月10日から20日までデジタルディスプレイで展示されます。

リサ・マーシュ

チェルシー国際美術コンクール展

2019年8月10日〜8月20日

レセプション: 2019 年 8 月 15 日、午後 6:00 - 午後 8:00

偏光V(なる)
偏光V(なる)

30 "x 30"

Polarized III(MLK Redeux)
Polarized III(MLK Redeux)

30 "x 30"

Polarized II(Glass Cieling)
Polarized II(Glass Cieling)

30 "x 30"

問い合わせる

リサ・マーシュ 第34回チェルシー国際ファインアートコンペティションでの彼女の業績を通じて、彼女が選んだアートワークのプレゼンテーションでアゴラギャラリーのデジタルディスプレイの場所を獲得しました。彼女の作品は、抽象化が表現と競合する中間点を見つけるために、比喩的なイメージ作成の領域を破っています。その結果、マーシュの作品は現実的な色/形よりも線とジェスチャーマークを好みます。 

アーティストは、人間の経験を定義する課題と闘争に共感し、「不平等、大量移住、政情不安の闘争は、私の作品のコンテンツを刺激する多くの報道価値のある出来事の1つです」と述べています。 

マーシュの作品は、2019年8月10日から20日までデジタルディスプレイで展示されます。

偏光V(なる)
偏光V(なる)
Polarized III(MLK Redeux)
Polarized III(MLK Redeux)
Polarized II(Glass Cieling)
Polarized II(Glass Cieling)
問い合わせる

思考の無限
50" x 50" - キャンバスにアクリル